デビットカードの仕組みと使い方について

クレジットカードとよく混同されてしまいがちだといわれているのがデビットカードなのですが、その仕組みやメリットはクレジットカードと異なっているため注意が必要とされています。

通常、クレジットカードの場合はカード会社の審査を通過する事によって利用することができるようになっており、支払いに関しても1回払いのほかにもリボ払いや分割払いなどの複数の支払い方法を選択することができるようになっています。

また、実際の支払いに関しては銀行口座から後日その月に使った金額が後払いという形で出て行くようになっており、利用できる金額の限度額はカードの種類や利用者によって決まっていると言う仕組みになっています。

それに対してデビットカードの仕組みはどのようになっているのかと言うと、まずクレジットカードには必要な審査と言うものが存在しません。

なので、15歳以上であれば誰でもカードを作ることができるようになっており、発行するのもカード会社ではなく口座を所有している銀行からになります。

そしてクレジットカードとの最大の違いは支払いの仕組みであり、デビットカードの場合は一括での支払いでその場で口座から引き落とされるようになっているのです。

そのため後払いができないようになっていて、口座の中に必要な金額がない場合は支払いが出来ないようになっているということになります。

ですので利用限度額は設定されておらず、銀行口座の中にあるお金がそのまま利用限度額となっているわけです。

ではデビットカードのメリットはなに?

このようにクレジットカードと仕組みが異なっているデビットカードのメリットは何かということになるのですが、まず利用するための審査がないという点が上げられています。

これによってカードを即時発行してもらえるのですぐに利用することができますし、口座残高がそのまま利用限度額となっているので使いすぎてしまったり使った金額の詳細が分からなくなると言う事がありません。

つまりカードで使った分の出費が分かりやすくなっているので、子供に持たせた場合でも通帳を見ればすぐにその使途を把握する事ができるということになります。

ほかにもメリットとして言われているのがクレジットカード同様にショッピング保険がついているという点で、購入した商品が破損したり盗難に遭った場合やカードが不正利用された場合でも補償を受けることができます。

またカードの種類によってはキャッシュバックが用意されていると言う点も魅力的なメリットだとされています。

銀行と信用金庫と信用組合の違い

一般的に利用されている金融サービスとしては、大きく分けて銀行・信用金庫・信用組合の3つがあります。

これらは同じ金融サービスと言う枠組みの中にあるのですが経営理念や組織としてのあり方、取引先によって役割が異なっています。

銀行の仕組みと経営について

まず銀行は銀行法と言う法律に則って経営されています。そして株式会社として組織されているため営利法人として経営されており、その目的は国民や大衆のために金融の円滑化を図る事だと定められています。

このため営利法人でもあることから営利が目的で経営されていると言う事になっており、誰でも利用することができるということで個人だけではなく企業や法人が利用すると言う事も多くなっているわけです。

取り扱っている業務の幅も特に決まっていないので、基本的に金融サービスで行われている業務は全般的に取り扱う事ができるようになっているのです。

信用金庫の仕組みと経営について

次に信用金庫の場合は信用金庫法と言う法律に則って経営されているのですが、会員の出資によって運営されている共同組織になっているので銀行と違って非営利法人となっています。

そのため営利目的で経営されているわけではなく、銀行と同じように国民や大衆のために金融の円滑化を図る事が目的ではあるのですがそれに加えて貯蓄の増強、生活の安定に寄与することも目的とされています。

つまり会員となっている人たちから出資してもらう変わりにその貯蓄の増強や生活の安定に寄与していると言う事になるので、会員との相互補助が重要となっているわけです。

会員についても地域に住所や住居・事業所を有している事などの条件があるため、条件に満たない場合は会員になれず信用金庫にも入ることができないようになっています。

信用組合の仕組みと経営について

そして信用組合は信用金庫と同じように非営利法人であり、会員の部分を組合員に置き換えたようなものとされています。

ただし組合員になれる条件は会員のものとは若干異なっていますし、個人が利用すると言う事も少ないですしどちらかといえばより小規模の事業所などが利用することが多くなっている金融サービスであると言えます。

根拠となる法律は中小企業協同組合法や協同組合による金融事業に関する法律などがあり、組合員の経済的地位の向上を目的として運営されています。

ほかにも融資に関しての違いやメリット・デメリットもそれぞれの金融サービスで異なっているので、その点を踏まえてどの金融サービスを利用するべきなのかを検討することが必要です。

主婦がカードローンを利用する際のチェックポイント

主婦のキャッシングの利用と金利の比較方法

キャッシングは手軽に申し込みができ、しかも融資が迅速ということもあり、多くの方に活用されています。 キャッシングを申し込むためには、返済能力があることが大事ですので、安定した収入があるかが審査されることとなります。

主婦の方の場合は利用できるか心配という場合もありますが、パートやアルバイトで収入があれば本人名義で申し込みが可能ですし、専業主婦の方の場合も銀行のカードローンであれば、配偶者の方に安定した収入があれば本人に収入がなくても利用できることが多くなっています。

そして、申し込みの場合はまずは業者の特徴をよく理解しておきましょう。

業者によって金利や限度額は違いますが、返済では必ず利息が必要となりますので、少しでも低金利のサービスを選んでいきましょう。

比較方法はキャッシングの比較サイトやランキングサイトを利用すれば、手軽に行うことができます。

業者によっては無利息期間も用意されていますので、こちらも確認しておきたいところです。

キャッシングのATM手数料と主婦が利用出来る条件

キャッシングを利用する場合は、現金を引き出すためのATMの手数料も考慮しておく必要が有ります。

最近は24時間営業のコンビニエンスストアなどを使えば24時間いつでも好きな時にキャッシングの利用は出来るのですが、深夜などの時間帯は現金を引き出す事で手数料がかかる事があります。

キャッシングの会社のATMであれば無料であっても、提携ATMともなれば余計な費用が必要になる事もあるのです。

ところで、キャッシングと言うのはお金を借りることを意味しているのですが、どこでお金を借りることが出来るかと言いますと、銀行、消費者金融、信販会社などでお金を借りることが可能になっています。

また、消費者金融は専業主婦の人は総量規制の関係で申込みが出来ませんが、パートなどを行って自らの収入を持っている人であれば消費者金融を利用する事が可能ですし、銀行であれば自ら収入を持たない専業主婦の人でも申し込みが可能になっていると言った特徴が有るのです。

キャッシングの審査に返済能力のない主婦は通るのか

結婚して子供ができて幸せなことが多いですが、子供の成長とともに年々お金がかかることにうんざりといった方も多いと思います。

子供には十分な教育をさせてやりたいし、私立の中学校に行きたいとやる気を出していれば進学させてやりたいと思うのが親の心情だと思います。

最終手段としてキャッシングを利用するという方法があります。キャッシングには審査があり、主婦はその審査に通らないと思っている方が多いですが、そんなことはありません。

たしかに普通の安定した正社員よりは断られる確率が上がりますが、100パーセント不可能ではありません。

主婦の場合は収入がありませんので、旦那さんが正社員で安定した収入が見込める方ならば審査に通ることが多いです。

あとは延滞などをしないように計画的にお金をやりくりして返済をすればいいだけです。お金のやりくりは主婦の仕事ですので、得意な方が多いでしょう。

主婦はお金を借りられないと諦めないで、まずは審査に通るかどうか一度申し込んでみてはいかがでしょう。