デビットカードの仕組みと使い方について

クレジットカードとよく混同されてしまいがちだといわれているのがデビットカードなのですが、その仕組みやメリットはクレジットカードと異なっているため注意が必要とされています。

通常、クレジットカードの場合はカード会社の審査を通過する事によって利用することができるようになっており、支払いに関しても1回払いのほかにもリボ払いや分割払いなどの複数の支払い方法を選択することができるようになっています。

また、実際の支払いに関しては銀行口座から後日その月に使った金額が後払いという形で出て行くようになっており、利用できる金額の限度額はカードの種類や利用者によって決まっていると言う仕組みになっています。

それに対してデビットカードの仕組みはどのようになっているのかと言うと、まずクレジットカードには必要な審査と言うものが存在しません。

なので、15歳以上であれば誰でもカードを作ることができるようになっており、発行するのもカード会社ではなく口座を所有している銀行からになります。

そしてクレジットカードとの最大の違いは支払いの仕組みであり、デビットカードの場合は一括での支払いでその場で口座から引き落とされるようになっているのです。

そのため後払いができないようになっていて、口座の中に必要な金額がない場合は支払いが出来ないようになっているということになります。

ですので利用限度額は設定されておらず、銀行口座の中にあるお金がそのまま利用限度額となっているわけです。

ではデビットカードのメリットはなに?

このようにクレジットカードと仕組みが異なっているデビットカードのメリットは何かということになるのですが、まず利用するための審査がないという点が上げられています。

これによってカードを即時発行してもらえるのですぐに利用することができますし、口座残高がそのまま利用限度額となっているので使いすぎてしまったり使った金額の詳細が分からなくなると言う事がありません。

つまりカードで使った分の出費が分かりやすくなっているので、子供に持たせた場合でも通帳を見ればすぐにその使途を把握する事ができるということになります。

ほかにもメリットとして言われているのがクレジットカード同様にショッピング保険がついているという点で、購入した商品が破損したり盗難に遭った場合やカードが不正利用された場合でも補償を受けることができます。

またカードの種類によってはキャッシュバックが用意されていると言う点も魅力的なメリットだとされています。