銀行と信用金庫と信用組合の違い

一般的に利用されている金融サービスとしては、大きく分けて銀行・信用金庫・信用組合の3つがあります。

これらは同じ金融サービスと言う枠組みの中にあるのですが経営理念や組織としてのあり方、取引先によって役割が異なっています。

銀行の仕組みと経営について

まず銀行は銀行法と言う法律に則って経営されています。そして株式会社として組織されているため営利法人として経営されており、その目的は国民や大衆のために金融の円滑化を図る事だと定められています。

このため営利法人でもあることから営利が目的で経営されていると言う事になっており、誰でも利用することができるということで個人だけではなく企業や法人が利用すると言う事も多くなっているわけです。

取り扱っている業務の幅も特に決まっていないので、基本的に金融サービスで行われている業務は全般的に取り扱う事ができるようになっているのです。

信用金庫の仕組みと経営について

次に信用金庫の場合は信用金庫法と言う法律に則って経営されているのですが、会員の出資によって運営されている共同組織になっているので銀行と違って非営利法人となっています。

そのため営利目的で経営されているわけではなく、銀行と同じように国民や大衆のために金融の円滑化を図る事が目的ではあるのですがそれに加えて貯蓄の増強、生活の安定に寄与することも目的とされています。

つまり会員となっている人たちから出資してもらう変わりにその貯蓄の増強や生活の安定に寄与していると言う事になるので、会員との相互補助が重要となっているわけです。

会員についても地域に住所や住居・事業所を有している事などの条件があるため、条件に満たない場合は会員になれず信用金庫にも入ることができないようになっています。

信用組合の仕組みと経営について

そして信用組合は信用金庫と同じように非営利法人であり、会員の部分を組合員に置き換えたようなものとされています。

ただし組合員になれる条件は会員のものとは若干異なっていますし、個人が利用すると言う事も少ないですしどちらかといえばより小規模の事業所などが利用することが多くなっている金融サービスであると言えます。

根拠となる法律は中小企業協同組合法や協同組合による金融事業に関する法律などがあり、組合員の経済的地位の向上を目的として運営されています。

ほかにも融資に関しての違いやメリット・デメリットもそれぞれの金融サービスで異なっているので、その点を踏まえてどの金融サービスを利用するべきなのかを検討することが必要です。